ジュエリーを売る時の注意点

質屋なら、使わなくなって引き出しに眠っているジュエリーをすぐに現金化することができます。

その際、質屋の高額査定のポイントを知っておくと良いでしょう。

ダイヤモンドや宝石類については、まず、鑑定書・鑑別書を一緒に持っていくことが高額査定のポイントです。

もし紛失して手元にない場合でも、質屋で正確に鑑定してもらえるので安心です。

ダイヤモンドの査定で一番重視されること、それはボリュームです。

例えば、 0,3カラットの良いグレードの石と、1カラットの一般的なグレードの石であれば 1カラットの方が高値を期待できるということです。

ルビーやサファイアなどの査定では、逆に大きさよりも品質が重視されています。

宝石類は石に付着した汚れによって査定が下がる場合もあるので、きれいにして質屋に持ち込むと評価アップにつながります。

プラチナや金製品の査定は、デザイン性やブランドはさほど重要視されません。

チェーンの切れたネックレスや歪んだ指輪、古くて汚れていてるジュエリーでも価値は充分にあるので、とりあえず持って行ってみましょう。

また、ブランドジュエリーなどは、流行っているもの、新しいものほど高値が期待できます。

付属品、保証書、ケースなども取っておきましょう。

質屋での査定アップのために、こうしたポイントをしっかり押さえておきましょう。